木造住宅デザイン研究会 ユア・ホームは、木造住宅検定を実施しています。

木造住宅検定

 木造住宅検定は、プレカット工法でつくられる住宅の品質向上を目的とし、「架構を踏まえた軸組構法の家づくり」のできる人材育成を目指しています。意匠設計者、プレカット工場の技術者、構造設計者など、木造住宅に関わるすべての方々が対象になります。意匠設計者などを対象とした「木造住宅設計検定」と、プレカット工場の技術者、構造設計者などを対象とする「木造住宅架構検定」の2種類があります。
「木造住宅設計検定」と「木造住宅架構検定」には、それぞれ3つの級があります。2011年度は3級の検定と2級の模擬検定を実施します。
検定を受けるには指定の講習会受講などが必要になります。講習会では、意匠図から架構品質を診断する「木造住宅架構診断」の実習などを行います。3級、2級と段階をおって講習会を受講し、検定に合格することで「架構を踏まえた軸組構法の家づくり」のスキルを習得できます。検定合格者には合格証が発行されます。多数の方に受講・受検していただき、安全な架構の設計技術を身につけていただきたいと望んでいます。

新着情報

木造住宅検定とは
講習会
参考図書